【商品レビュー】ARTISAN社マウスパッドの裏面の工夫

おれが今使ってるマウスパッドはARTISANの零MIDというやつなんだけど、

もう一つ持ってるSteelSeriesのQcK Heavyというのに比べると滑りが良くてしかしちゃんとエイムは出来るため、オーバーウォッチのようにマウスを激しく動かすスポーツ系とは特に相性が良いと考えている。

しかし一方で裏面の素材はSteelSeriesの方がしっかりとしたゴムになっていて机の上でずれることがないため良いと考えていた。ARTISANのマウスパッドは裏面がSteelSeriesに比べるとツルツルしていて、トレーサーのようなキャラを使ってマウスを激しく動かすとマウスパッドがずれることがあった。無論、FPS用のマウスパッドとしては致命的である。

机を水拭きしてから使うとしっかり張り付くことはすでに知っていたけど、ARTISAN社に対して、

  • 机の上で滑るのだが何か解決策はあるのか?
  • なぜSteelSeriesのようにしっかりとしたゴムを採用していないのか

という2点を問い合わせた。

これに対してARTISAN社から回答が来たため、要点だけを紹介する。

  • ARTISAN社のマウスパッドは裏面と机をきれいに水拭きしてから使ってほしい。吸着して固定する
  • 裏面はエンボス加工しており、これが吸着する理由である (小さな吸盤がたくさんあるということだと思う)
  • FPS用のマウスパッドの裏面にゴムを使っていない理由は、ゴムではマウスパッドが薄いケースなどで固定が完全でなくなってしまうケースがあるということと、表面に孔があったり力を加えた時にたわみが起こったりするとそれがエイムに影響するため「構造が均一で硬いが滑らない」を実現する必要があったから

ARTISAN社のマウスパッドは真に素晴らしいマウスパッドだと考えているが、世界的にいうと有名メイカーのものを使っているプロが多い。OverwatchでいうとARTISANを使ってると言ってるプロはたった3人である(みんな飛燕MIDを使ってる)。これは明らかに少ない。

Overwatch Pro Settings and Setups – An always updated list on the Settings and Setups used by Professional OW Players - on-winning.com

今回、ARTISAN社から誠意のある回答をもらったので、せめてこのブログを通じてARTISANのマウスパッドの普及に貢献出来ればと思い、この記事を書いた。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also