KUN講演会が楽しみ

おれはKUNのようにプロゲーマーになり、その後、配信やテレビ出演などで暮らしていければいいと思っている。今後、eスポーツは日本でも間違いなく流行る。ついに総額500万円のCSGOの大会が開催されることになったそうだ。

賞金総額500万円の新たなe-Sports大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」開催発表―種目は『CS:GO』『WoT』『フィギュアヘッズ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

プロゲーミングチームも続々と現れている。サイクロプス大阪がOWのプレイヤーをUSG Iridataから報酬で引き抜いたことがネットでは騒がれている。お金で動くのは悪いことと言う人はあまりおらず、大抵はお金で動くことは健全だという意見だ。おれもそう思う。IT業界も以前は同じ会社で定年までというのがふつうだったが今は日本でも高い年俸を提示されたから転職しますというのが少なくなくなってきた。そうなることで、プレイヤーの待遇は改善されていくと思うし、大会の数や賞金などが上がっていき、業界自体が盛り上がっていくと思う。灘高ゲーム競技部などというのが生まれるのも時間の問題だろう。なぜならば、ゲームはもはやスポーツや、囲碁将棋などのボードゲームと同列に語られる存在になりつつあるからだ。その証拠に、2024年オリンピックでの採用も議論されている。

2024年のパリオリンピックでは「eスポーツ」が正式種目化か、委員会が種目追加の可能性を言及

コンピューティングが発達し、人間のやることは少なくなっていく。その他の時間は何に使うかというと、スポーツや芸術を観戦したりゲームをプレイをしたり、あるいは自分で作品(ソフトウェア、音楽、絵など)を作ったりだ。こういった流れからもeスポーツは今後より注目を集めていく。

その際に学歴のあり論理的な会話が出来る人間が必ず必要になる。それがおれだ。その際にはホームジムを作り、筋トレ動画などもやっていきたい。女性ファンも取り込む。タンクトップで出演する感じで行きたい。

こうした流れは全体として起こっているからか、KUNがついにその需要に応えることになった。散々ラジオ動画などで語られてきたことではあるが、講演会として、ゲームをやって稼いでいくにはどうすればいいかを語るらしい。当然のことながら参加する。KUN!KUN!KUN!

ゲームと生きていく! 元プロゲーマー 現YouTuberが教えるゲームで稼ぐための知恵 : ATND

配信 

このエントリーをはてなブックマークに追加

See also