まぶにゃんは引退してしまったのだろうか

今まで何度か紹介してきたユーチューバーまぶにゃん。昨年末(2018年12月28日)の動画投稿を最後に、一切の更新がなくなってしまった。

Twitterは続けているようだ。むしろ以前よりツイート頻度が上がっている。一度、登録していた年齢が問題で凍結されてしまったが、今は無事解除されていて、鼻炎に苦しんでいることをツイートし続けている。ザイザルなども効かないほど、アレルギー性鼻炎がひどいようだ。まずはレーザー手術を試してみてもいいと思うし、鼻腔内のアレルギーで腫れやすい組織を減量する下鼻甲介切除なども効果がある。

まぶにゃんの鼻炎の話はともかく、おれはまぶにゃんがユーチューブに帰ってくる日を待ち望んでいる。他にもたくさんのキッズが同じ気持ちでいる。こういう感じで、引退したあとに復活を待ち望まれるユーチューバーは本物だと思う。

例えば、私が好きなユーチューバーには他に、ボディビルダーに関して知識が深い「ネック」というユーチューバーがいたが、この人は2018年3月18日の動画を最後に更新がない。彼の動画には、今も復活を希望するコメントが寄せられている。

彼らのような本当に面白いユーチューバーが何も言わずこっそり引退してしまうのは本当に悲しい。まさか、引退を偽装して、ファンの反応を楽しんでいる性格の悪いことはしないだろう。だとしたらここまでファンが付きようがない。収益のことを考えても、数万という登録者がいる彼らがチャンネルを軽く手放す理由はない。

では今まぶにゃんは何をしているのだろうか。おれなりに推測を楽しんでみる。

まず、まぶにゃんはASMRなどで醜態も多少晒していたが、これらの動画が消された様子はないため、親や婚約者からNGが出たということではないと考えられる。

そこでおれの仮説としては、まぶにゃんはどこかに就職した。まぶにゃんは引退の少し前に一人暮らしを始めているが、ふつうに考えると、月10万程度しか収益がないユーチューバーが家を契約するということは難しい。自営業というのは後ろ盾がないから、社会的信用が極めて低い。したがって、当時も考えていたことだが、何か後ろ盾がある。それは、最初はKUNやピカーさんの存在を思い浮かべたが、今では、就職して、その会社の近くに引っ越しただけなのではないかと考えるに至った。会社の後ろ盾があるから、家を契約出来たということだ。配信をやめたのは、仕事が少し忙しくなったからとかそんなところだろう。

ではどんな仕事をしているのというと、本当に「くそらくなしごと」を見つけてしまったのだと思う。もしかしたら、銀歯さんのように製造業のラインで働いていて、運良く楽というパターンかも知れない。それ以外だと、eスポーツ関連で何か働いてるということは考えられる。

いずれにしろ、休日などにお手雑をしてくれたら見る。

配信 

このエントリーをはてなブックマークに追加

See also