SurefourがFOV90で超ローセンシをしてる理由を考える

Surefourの最新の設定

Surefourの最新の設定は、FOV90の振り向き29cmだそうです。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/d59a5e2ec5ea17ae18f54cdc7c4a325fe51c8cae/f9588/images/1556169226.webp

FOV情報は、Twitchから拾いました。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/63f2dc466c6ec5f35ff563d9b7bdd5eef3c77947/27d5a/images/1556169232.webp

このセンシは、OWの中では超ローセンシといえます。

FOVについて

ほとんどのプレイヤーはFOV103を使っています。これは、広い範囲をカバー出来ることがOWLでは有利になりやすいからです。

Surefourはその中でも90を使ったり103を使ったりしていますが、OWの初期の頃にはずっとFOV90を使っていました。従って、FOV90ということ自体には、それほど奇妙さは感じません。

ローセンシについて

SurefourはOWLのプロプレイヤーの中ではセンシをコロコロ変えるプレイヤーで、OWの初期の頃には、振り向き12cmくらいでした。今の3倍弱ハイセンシということになります。OWのプレイヤーは、エイムが大きく影響するヒーローを使っていない人が多いということもあると思いますが、同じセンシをずっと使い続けている人が多い印象で、その中でもSurefourやTaimouはセンシをわりとコロコロ変える異端といえます。

このセンシがどう導かれたのか考察する

さて、このセンシがどう導かれたものかと考えます。私はSurefourのツイッチをラジオ代わりにして聴いてることが多いのですが、

ある配信でオーバーウォッチアカデミーの選手と一緒になった時に、アッシュのADSセンシの話になり、アカデミーの選手は「自分はcalculatorを持っているんだ。50が最善なんだよ!」と興奮気味に言ってましたが、Surefourが「おかしいなおれの計算では65なんだけど」と言うやりとりをしていました。

上の表によると、ウィドウメイカーのズームセンシは48であることがわかります。

逆算すると、以下のような設定で変換していると推測出来ます。ヒップファイアもモニター距離0%です。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/e13a823a526c5979d07c14132c7dcd4e9b5fe314/a654a/images/1556170815.webp
https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/48011acfc4b1f8e3addeb40792db87f33bfce07d/1521d/images/1556170648.webp
https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/a46e2afdf5003282398ee4d95461614fd65a3a1f/94087/images/1556170660.webp

【Overwatch】Taimouはヒップファイアは振り向きで合わせて、スコープはモニター距離で合わせている - GAAブログ

で、Taimouはヒップファイアを振り向きで合わせているということを話しましたが、Surefourも振り向き自体はCSGOでいうと900edpiで同じなのですが、そこからOWに持ってくる時の変換方法が違うため、違うセンシになってるということが言えます。

ちなみにこのCSGOでいう900edpiというのはAimbot Calvinも使ってる振り向きセンシです。センシに迷ったら、CSGOでは900edpi、OWでは3000edpiを使っておくのが無難なのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also